学生の私が実践する宝くじ法

私は某地方に住む大学生です。高校生の頃から年末の宝くじを買っていたので、宝くじ歴は4年です。
学生なので億万長者が出やすい遠くのお店に行くことはできません。しかし、家の近くに縁結びで有名な神社があるので、そこでお参りを済ませてから買うようにしています。なぜ縁結びの神社を選んだのかと言えば、宝くじ、億万長者との「縁(円)」があればと考えたからです。
あとは部屋の掃除を済ませてから買うようにしていますが、あまりに綺麗すぎると窮屈かなあと思い、普段から綺麗にするように心がけて(特に9月に入ったころからは毎日ちょこちょこ掃除をします)普段通りの生活を送っています。
年末の宝くじを買う日は特に決めていませんが、日常生活のついで買いをすることが多いです。例えば、スーパーで夕食の食材を買ったついでであったり、少し遠出をして思い出にのついでだったり。あくまでも日常生活の中で引き当てたいので、わざわざ宝くじのお迎えに行くようなことはしないようにしています。
買う枚数は1回に10枚であったり、2枚ほどであったりまちまちです。その時の気分で買うようにしています。なに分お金がないので一度に100枚くらい大量に買ったりはできません。なにか嬉しいことがあったときに少し多めに買うという行為を年末まで数回続けます。
買った宝くじは手帳に挟んでいます。手帳はその年の思い出や記録が全て書かれていますし、1日でスマホの次に触れることの多いものです。宝くじ様も手帳の中身を見ていい運が逃げないでくれれば良いなという淡い期待もあります。
発表は新聞でチェックするようにしています。とにかく日常生活のリズムを崩さないように、当日はドキドキする気持ちもありますが、抑えて朝ごはん時に見るようにしています。その時の宝くじはいつも優しく握るようにしています。
今のところは毎回落選続きなのですが、落選をした後も、今回はありがとう、また次回もよろしくねと声に出して言うようにしています。そして紙切れになった宝くじは思い出の品として引き出しにクリップをしてから仕舞うようにしています。

宝くじを購入しに行く際は毎回赤色の服を着ていきます。

はじめまして。
youshin753と申します。
会社員をしております。
宝くじは学生時代から買い続けていて、詳しくは覚えていませんが7年は買い続けていると思います。
少なくとも7年間、毎年買っていて、年にも多少寄るのですが、少なくとも100枚は買っていると思います。
費用は少なくないですが、宝くじには夢がありますからね。
しかし7年間買い続けて当たった最高額は5万円……
正直全然当たりませんね。私は普段何かにおまじないを頼んだり、占いを信じてあてにしたりすることってないのですが、宝くじには関しては例外です。
藁にも縋る気持ちというよりかは宝くじを楽しむための儀式というか、自分なりの工夫を入れることによって宝くじ購入自体を趣味の一つにしている感じです。
さて、そんな私の宝くじの買い方ですが…
まず、買う場所は毎回変えます。最近の宝くじで高額当選が出たところで買います。流れってあると思うので。
それから、買う枚数ですが、一度に購入する枚数は必ず30枚。
一万円で事足りる枚数で買います。
バラが一つ、あと二つは組で合わせて買います。特に理由はないですがなんとなくバラを一つ組み込むことによって当たりやすくなる気がするからです。
5万円当たった日(3年前)には、いつも着ない赤色の服を着ていました。普段は赤色の服って殆ど着ないのですが、その日に限ってなぜか着ていきたい気分になったのです。それから私の中で赤色の服は験担ぎの色で、宝くじを購入しに行く際は毎回赤色の服を着ていきます。
あとはここ1年での話ですが、宝くじを購入する日付にもこだわるようになりました。大安だったり色々日によって違いますよね。なにかの行事ごとはそういうものに合わせていることを思い出してから、宝くじにも適用してみることにしてみました。インターネットサイトを参考にさていて、「吉象くんの開運アップブログ」というサイトを使っています。このサイトを参考にしてから3万円が当たったので、これからは験担ぎの主戦力としていくつもりです。

初詣時に購入した金運アップのお守りと一緒に日当たりのよいリビングに

当方現在海外在住なので日本の宝くじは買っておりませんが、日本にいたころは毎年年末ジャンボだけは買っておりました。
当たらないとはわかっているつもりではありますが(笑)、買わないことには夢すら見れない!ということで毎年3万円分を購入していました。

買う場所は東京の有楽町駅出てすぐの購買所で買っていました。そこは(今現在はわかりませんが)高額当選者がよく出るらしく、今まで3億円が何人ここから当選!というような垂れ幕がありました。そして実際にそこで買い求める客が多く、ジャンボ発売開始時からしばらくの間は常に長蛇の列をつくっていました。
そこで並びながら他の人たちの顔を見て、この人は当たったらどうすんのかなーと邪推するのも楽しかった記憶があります。

さて実際に買った後は自分のお気に入りの長財布(長財布に保管するといいとどこかで読んだ記憶があります)に折り目を付けずに保管。場所は普通に簡易金庫内に保管しておりました。3日に一遍は取り出し適当な願掛け(笑)をしてまた金庫内に戻すということをしておりました。また年始の初詣には必ず持参し、そのうえで困った時の神頼みをしていました。その後は金庫に保管はせず初詣時に購入した金運アップのお守りと一緒に日当たりのよいリビングに置いておきました。
この一連の流れは毎年の恒例行事のようなもので、スタイル自体は毎年ほとんど変わっておりません。居間に保管後はよく当たったらどうするか、などということを考えていました。この時間が一番楽しいですね(笑)

結果のほうを申し上げますと、ほぼ全滅です!2回10万円当選というのがありましたがほかの年は購入金額にも及ばないという結果です。確率で考えれば10万円2回でも十分当たった気はします。毎年いい夢見させていただきました、と外れくじに対して感謝をするというとこまでが私の一連の流れです(笑)

当選金で毎年家族と外でご飯を食べに行きます。10万円当たった年はかなりいいレストランを予約して、ほぼ使い切りました。

こういう行事ができるのも買ったからこそであり、また日本に帰国したら買うつもりです。やはりあのわくわく感はとてもいいですよね。

オムライスを食べて購入しに行く

私はももこ、宝くじを初めて購入をしたのは20歳の時です。それから15年、宝くじを購入しているのですが、最高当選額は1万円ほどと、本当に宝くじなんて当たるのだろうかという不安もありましたが、夢を託してジャンボ宝くじだけは毎回購入するようにしており、いつも30枚と決めて、10枚を連番で、20枚はバラで購入しています。

宝くじが当たるようにとさまざまな工夫をしていますが、20歳のときから行っているのは、宝くじを購入する前にきちんと入浴をして身体をきれいにして、オムライスを食べて購入しに行くことです。オムライスは中が赤くて外が黄色である為、勝負運と金運が高まると言われており、宝くじが当たりやすくなると聞いた為、オムライスを食べて購入するようになって三回目で、私の中の最高金額である1万円が当たったので、今でもその習慣はやめることが出来ません。しかし、それからは何千円ほど当たったら良い方で、なかなか当たらずに、宝くじが当たるという神社にも購入する前のお金の浄化をしてもらうために行き、購入してからも宝くじを持って行くなど、ジャンボ宝くじを購入する前から準備がとても大変なのですが、当てたいという気持ちと、今さらやめられないという気持ちが強くて、今でもがんばっています。

最近では宝くじの抽選日には宝くじをテーブルに広げて、中心部に盛り塩をして自分の番号を引き当ててくださいと祈るようにしています。仕事中などの場合には、抽選の時間だろうという時間になると、神経を集中させるようにしています。宝くじが当たると引越しをしたい、車がほしいとさまざまな夢ばかり広がりますが、なかなか当たりません。宝くじが当たるようにこれをしたらいいよということがあると、積極的に取り入れたいと考えています。今では購入前の準備であったり、神社や盛り塩などさまざまなことを取り入れてはいますので、もうそろそろ三桁の当選額が当たりそうな気がしています。

宝くじを購入すると、私は決まって神社にお参りしています。

41歳の専業主婦、みーぱんと申します。私の宝くじ歴は約20年です。短大を卒業して社会人となってから毎年宝くじを購入しています。ここ10年くらいはジャンボ宝くじ一本。初めはサマージャンボと年末ジャンボのみを購入していましたが、今ではバレンタインジャンボやハロウィーンジャンボなど年間5回のジャンボ宝くじを購入しています。

毎回購入する枚数は30枚固定。つまり9,000円分の購入です。1万円以上は生活に響くのでちょっと手が出しにくいです。それでも購入してから発表までの期間を楽しめると思えば決して高いものではないのですけどね。

宝くじを購入すると、私は決まって神社にお参りしています。毎年お正月に初詣に行く神社なのですが、それ以外に年5回も足を運んでいるので、一年中お参りしているような感じです。お正月には5円玉を賽銭箱に投入しているのですが、宝くじの当選祈願はなんと100円!私の中では結構な贅沢です。100円が億になって帰って来れば安いもんでしょと奮発していますが、今のところご利益は全くありません。そのうち私の100円がチリとなって積もっていくと、いつかそれが溢れて金銀財宝ざっくざくとなるのではないかと淡い期待を抱いています。

自宅のリビングの天井には、神社で購入した破魔矢が貼られています。参拝に行った後には、その破魔矢と天井の間に宝くじを挟んで、発表までニヤニヤしながら眺めるのが私の楽しみ方。ソファーでくつろぎながらふと天井を見ると宝くじがあって、当たった時のことを想像するのが毎日の楽しみでもあります。発表までの期間は本当に楽しですよね。旅行と車の購入は大前提なのですが、それでも到底使いきれないので、バッグを買ったり洋服を買ったり…とめどなく夢は広がっていきます。

まあ、一度も高額当選なんてしたことがないので期待はしていません。それでも「万が一」のことを考えて「当選した時にいかに人に知られないようにするか」という心配までしています。急に親戚の数が増えたりしたらどうしよう…全くもっていらぬ心配ですけど。もちろん宝くじが当たるに越したことはないのですが、当たらなくても楽しいから買い続けます。空想の世界に浸れるのは宝くじを手元に持っている時だけなのですから。

黄色の花とトイレも綺麗に

毎年、年に数回出る宝くじ。いつも、「当たったら」、「もし当たったら。。。」と想像してしまいます。
買わなければ当たらない。。でも、もう何年も買い続けているのに一向に当たらないのが宝くじでもあります。でも、あの想像する時間はとても楽しく、ついつい買ってしまうのです。
「夢を売る」というのがまさにぴったり、それが宝くじです。
 そんな私は、子供の頃から両親が宝くじをいつも購入していました。私は、その影響もあってか、社会人になり、自分で収入を得るようになってからはいつも購入しています。(毎回3000円と決めています。)今、36歳なので、自分で購入するようになって14年といったところです。
 わたしが、当たるためにしていることがいくつかありますが、普段から実践しているじことは、「玄関をきれいにしておく」ことです。風水には詳しくないですが、玄関が綺麗な家にはいい運気が入ると言われています。なので、玄関はいい運気が入ってくるようにいつも綺麗にしています。と同時に、玄関に黄色いものを置くと金運が入ってくるみたいなので、黄色の花を置くようにしています。この二つはいつもかかさず行っています。
あと、トイレも綺麗にしています。
金運に限らず、綺麗にしておくことはとても気持ちがいいですね。
 実際、購入するときに気をつけていることは、よく出る売場で購入すること、購入した後は、暗くて静かな場所に置くことにしています。
よく出る売場は、実際に活気があり、やはり何か出る気がします。購入後の静かな場所というのは、前にテレビで見た受け売りなのですが、北側の部屋の暗い場所、あまり人が来ない場所がいいみたいなので、あまり普段使用しない部屋の引き出しに置くようにしています。
あとは、決めているテレビの星座ランキングが良いときに購入するようにしています。そして、最後はやはり神頼みです。部屋に神棚があるので、こんなお願いは聞いてもらえないだろうな。。。と思いつつ、名前と住所を声に出してお願いしています。
 いろいろ、努力していますが、今まで当たった中での最高は5000円。。。いつか億万長者を目指して、年末の宝くじも購入します。

毎日きちんとトイレ掃除を行う

毎年、年末にジャンボ宝くじは必ず購入しています。
初めて購入したのは、社会人になってしばらくしてからです。
なんとなく宝くじを自分で購入してみようと思い、年末ジャンボを購入したのが始まりでした。
初めての時は、全く当たりませんでした。
当たらないと思っていても、やっぱり全然当たらないのは悲しいですよね。
これは日ごろの生活態度が悪いのかな?と思い、この時から生活態度を改めるようにしました(笑)
特に、毎朝トイレ掃除をすると運気がよくなるという話を聞いてからは、毎日きちんとトイレ掃除を行うようになりました。
数年前に「トイレの神様」という曲がヒットしましたが、実際に何らかの影響はあると思います。
トイレを掃除し始めてから、懸賞やキャンペーンに当たりやすくなったように思います。
でも、懸賞などでちょこちょこ当選しているせいか、宝くじは相変わらず高額当選したことがありません。
運気を上げるために試していることはまだあります。
それは、財布を定期的に整理することです。
これもテレビで知った情報なのですが、レシートなどが溜まっている財布はお金が貯まりにくいのだそうです。
だから、定期的に整理することが大切なのだそうです。
確かにカード類も溜まってきてしまい、使っていないものもその中には何枚かありました。
定期的にお財布の中身を整理することで、中身についてきっちりと把握できるようになり、使いやすくなりました。
運気を上げるためだけでなく、普段の買い物もしやすくなるので、これはおすすめですよ。
あとは、風水も少し気に掛けるようにしています。
お金が貯まりやすいという方角は常に綺麗にしようと意識しています。
宝くじを購入した際もその方向に、袋のまま保管しています。
これが正しいやり方かは分からないのですが、なんとなく当たるような気がしてなりません(笑)
今年はこのようなことをしているので、宝くじも高額当選したいな~と思っていますが、結果が出るまではやはりわからないですよね。

とても当たる確率が高い宝くじ売り場で買う

私はゆうです。宝くじは、年に一回かっています。なんといっても夢がありますね。何回も買いたいのですが、それではなんとなく当たらないような気がするので、できるだけ一回と決めているのです。それも年末のジャンボにしています。
宝くじを買う、開運方法というのは、人により違いがあることがわかります。私の職場では、色々な人が沢山の方法を実施していてそれを知ると、とても面白いです。私の場合は、ひとつの方法に決めています。その方法というのは、一回数万円当たったことからその方法にすることにしました。当たるかどうかわかりませんが、その方法にすることにより、もし外れたとしても納得することができるんです。これだけ願掛けを行ったのだから、外れたのは仕方がないと思うことができます。
その方法というのは、私の近所にある宝くじ売り場で買うということなんです。その売り場では、とても当たる確率が高いということがわかっています。億万長者を何人も出しているのです。そのことは、珍しいことですね。
小さいところですが、売り出しになると本当に行列が出来るんですよ。そのところを見る度に見ると買いたくなるのです。車を駐車しやすいし、多くの人が買っているのでやっぱり運を引き寄せているのではないでしょうか。笑顔で買っている人が多く、ちょっとしたのりで買っているような感じです。ここで当選者がよく出るので、私も確率が高いと思うことができるんですね。
高額とうせんではありませんが、ちょこちょこ当たる人が私の周りにもいます。それで、ますますそこの場所が当たるということが、口コミで広がっているのです。もしも当たったら、どんなことをしようなど、夢がますます広がります。近くに美味しパン屋さんがあることも、理由もひとつです。私の他にも、そのパン屋さんに寄った帰りに、そのまま宝くじを買うという人が案外と多いことがわかりました。
私の場合は、高額当選はありませんが数人出ていることで夢を買わせてもらっています。

宝くじを購入した後に、白蛇の夢を

私は、40代後半の主婦でなおといいます。
パートで仕事をしながら、家事や育児などと、毎日忙しく動き回っています。
私は、毎年の恒例行事として、年に4回のジャンボ宝くじを購入します。
もう、かれこれジャンボ宝くじを購入し始めて、10年近くになりますが、私の小遣いの範囲内なので、バラを20枚、連番10枚の計30枚のみしか購入しません。
宝くじを購入した後の保管場所に、私はいつもこだわっています。
たいした事では無いのですが、風水にちなんで、西の方角に赤い箱を置いてその中に宝くじを入れて、結果が出るまで寝かせています。
その時に、折り紙の金色を使って、宝くじを包み、験を担いでいます。
後は、常に部屋の中やトイレ等の水回りを綺麗に保つようにして、毎日掃除をして、カーテンや窓を開けて、部屋に籠った空気の入れ替えをしています。
玄関には、鏡を置いて悪い運気を払う様にしています。これも、風水から試している事なのですが、凄いっという程の効果は無いですが、本当に困る事も無いかな、っと思っています。
私は、宝くじを購入する場所にこだわりはありませんが、自宅近くのショッピングモールの中の宝くじ売り場で購入しているのですが、売り子さんに笑顔が無いのが残念何ですよね。
でも、私自身が、いつもニコニコ笑顔でいる事を心がけて、当たったら…。では無く、当たる。と、言わば自分に思い込ませて、私がやりたかった事や欲しい物等の妄想を膨らませています。
それだけでも、気持ちがワクワクして自然と笑顔になりますよね。
笑う門には福来る。と言いますから、やっぱり笑うのが一番です。
後は、まれに何ですが、宝くじを購入した後に、白蛇の夢をみたりするんです。
購入前に見たのであれば!買わなきゃ!っと凄く当たる様な気持ちになるのですが、購入した後だと、あまり効果は無いんです。
事実、今まで高額当選は1度も無いですが、購入した分の額が戻ってくる事は多々あります。
それでも、私は十分嬉しいんですよね。
小遣いも戻って、ワクワクした幸せな気持ち分が得した事になりますからね。
私にとっては、宝くじはやっぱり夢を与えてくれる楽しみの1つかな、っと思っています。

これが私の「ジャンボ宝くじルーティーン」

初めまして。静岡県の西部地方に住む淳史と言います。51歳の会社員です。私の宝くじ歴は約30年。過去に当たった最高金額は10万円です。それ以外は1万円、3,000円、300円などで、一度の高額当選したことはありません。無念です。

一時期はいろいろな宝くじに挑戦したこともありました。それこそスクラッチやTOTOなど。しかし、ある日思ったんです。あっちこっち手を出してるから当選の神様がケンカしているのだと…。それに気が付いてからは、毎年「サマージャンボ」と「年末ジャンボ」の2種類しか購入しないと決め、今でもそれを続けています。

各ジャンボ宝くじの購入金額は、多くて30,000円分、通常は9,000円分、少ないと3,000円分です。なぜ購入枚数が変動するかというと、発売前の1ヶ月の間にパチンコで勝つか負けるかによるからです。勝っていたら太っ腹の100枚購入、負けて金欠の場合はたったの10枚という感じです。そもそもパチンコの勝敗で購入枚数を変動させてる時点でいかにも当たらなそうですけどね。

宝くじ売り場は、ある1箇所に固定しています。地元で最も高額当選を多く出している超人気店です。ジャンボ発売期間中は毎日朝sから晩まで交通整理の警備員が出ているほどで、他県からも買いに来ている人がいるそうです。多く販売しているから多く当選している、それで人気が出てもっと売れる…一度人気が出たお店は永遠に儲かっていく仕組みですね!

購入した宝くじを懐に入れて、お盆と年末しか行かない祖父母のお墓参りをします。きっと「他の時も来てくれよ」とあの世で祖父母は文句を言っているでしょう。でも気にしません。高額当選したらもっと頻繁にお墓参りしてあげるよ、と心の中で思いながら手を合わせます。

自宅に戻ると、宝くじを神棚に挙げてお神酒を置きます。それから当選発表の日まで毎日神棚に手を合わせてから出社するようにしています。これが私の「ジャンボ宝くじルーティーン」です。でもどこかに問題があるのでしょうね、一度も高額当選していないのですから…ルーティーンより私の不浄な心の問題か?