高額当選者への道について考える

ペンネーム 十万石
お金に余裕がなく宝くじ高額当選を常に夢見ています。

宝くじ購入歴 5年
年に5回ほど購入

宝くじで当てるために行っている努力は、日頃の行いをよくするということです。
人に親切にしたりすると、感謝されるので高額当選というご褒美をもらえるような気がします。

買ってもどうせ当たらないからという考えもしないようにしています。

10キロぐらい離れたショッピングセンターにある宝くじ売り場は、よく当たると有名です。
過去に高額当選した人がたくさんいます。
いい天気で大安の日に買いに行きます。

でも、憧れの高額当選者は、大安吉日などにこだわらないという人も多いので、関係ないかもしれません。

10枚連番で買うという人が多いと思いますが、本気で億万長者になるためには、30枚買うのが良いそうです。
買い始めてすぐに大金持ちになるという人は少ないです。
10年ほど買い続けてやっと高額当選するという人が多いです。

1年に一度だけ勝負をかけるというのもいいかもしれませんが、何度も挑戦したほうが当選できる近道だと思います。
何度も買うことによって、当選のコツをつかめるようになります。

買った宝くじを保管する場所は、部屋の上のほうが良いです。
その理由は、床に置くと運気が下がると思うからです。
本棚など、高くて人目につかない場所に保管しています。
湿気の多い場所に置くと、お金が寄り付かないので注意しなくてはなりません。

久しぶりに買ったチョコボールにエンゼルマークがあったなど、プチラッキーなことがあった日など、今日はついてるなあというときに宝くじを買うと当選する気がします。

数字選択式の宝くじを買うときには、活躍している人にまつわる数字を選ぶとよいです。
宝くじをよく当てるという人から聞いたことがある話です。

朝のワイドショーなどで、よく当たる宝くじ売り場が紹介されることがあります。

近所の宝くじ売り場で何度購入しても当たらないなあというときには、交通費を惜しまず買いに行くというのも高額当選への道なような気がしています。

とにかく、買わなくては当たらないので、諦めずケチらず頑張ろうと思います。