宝くじで当選するためにやっていること

ナンバーズなどと違って宝くじは、完全に運なので、運を上げる努力をしています。まず、神頼みが一番なので、氏神様に挨拶にいっています。

いついつの何の宝くじを買うので、4等当たるようにお願いします。というように、具体的にお願いをしています。その時に、自分の名前と住所も言って、神様にきちんと伝えることをしていきます。やはり、宝くじは、運なので、神様にお願いするのが一番です。

他には、山梨県 新屋山神社をはじめ、宝くじに関する神社があるので、直接お願いをしにいきます。宝くじ専門なので、そこにお参りに行っている人は、沢山、宝くじに当選しているみたいなので、自分も必ず行きます。旅行費がかかってしまいますが、観光をしながらついでに行くならいいかなと思います。

これまで、神頼みで、100万円までなら当選したことがあります。なので、神様に具体的に何を当選したいということは、言った方がいいかと思います。

そして、他に利用しているのが、占い師の言うことを利用するという方法です。西洋占星術や八卦などを使って、どの宝くじ売り場で、いつ買いにいったらいいかなどを教えてもらいます。よく当たるという占い師の人に聞いて、買うのが必要かと思います。

西洋占星術だと、カードが大アルカナとかが出ていれば、今、動いた方がいいか、少し待った方がいいかなどが分かるようになります。そのカードを見て、どれくらいの規模の当選があるかもわかるようになっています。

占い師によく言われるのは、当たることをイメージするだけでなく、入ってきたお金を何に使うのか、流れる先をしっかり定めなさいと言われます。しっかり、お金の流れが出来ていないと入ってくるものも入ってこないとのことでした。

ですから、宝くじを買う前に、宝くじに当たったら何に使うかを良く考えて、紙に書いておくことにしています。

それから、他にやっていることといったら、宝くじを入れておく幸福の袋というものも利用しています。