宝くじは縁起の良い売り場で購入してさらに神棚に祀ります

ジャンボ宝くじを中心にして一攫千金を目指して宝くじを購入しています。世間では良く当たる売り場が話題となりますが、そこで販売した総数が多ければ当然その売り場から当たりくじは沢山出ます。

しかし、これは確率的に良く当たると言う証明にはなりません。したがって特設会場等で行列を成して多くの人が購入する売り場で購入する事はありません。行列をして購入しても、確率的には良いとは言えないからです。

そんな売り場とは違って、本当に良く当たる売り場を見極める事は中々できません。そもそも各売り場で売られた枚数が分からないのですから、確率を正確に計算して比較する事は誰も出来ないからです。

この確率論は諦めて、私は縁起の良い売り場を利用して購入しています。家から電車で2駅離れた街の宝くじセンターに縁起の良い文字や言葉が苗字に着いた人を集まっている所があります。
恐らくは、そこの経営者がそうした縁起の良い言葉・文字の入った苗字の人を意識的に雇っておられる様です。例としては、宝・徳・当・金と言った文字が苗字に入っているのです。

もちろん、その売り場は地域では有名で、結構発売枚数も多いからでしょうが、高額当選も結構沢山出ています。まずは、近くの売り場ではなく、その縁起の良い売り場にわざわざ買いに行く努力をしています。

そして購入した宝くじは、風水でよいとされる黄色の布に包んで神棚に祀って当然発表の日を待ちます。毎回購入時に綺麗に洗った黄色い布で包んで祀るのは、意外と面倒な事です。しかし、当たればそんな面倒さも吹っ飛ぶと頑張って行っています。

残念ながら、10年程購入し続けていますが、高額当選を獲得した事はありません。少しでも結果をネットで調べてチェックする時に楽しめるように、連番ではなくあえてバラで購入しています。
この縁起担ぎの売り場と、神棚に祀るだけではご利益は得られないかも知れませんね。京都にお金にご利益のある神社があるとの事で、一度そこにお詣りして見ようかとも考えています。

宝くじはいつも同じ場所で買っているけど

私は40代前半の女性、hiroともうします。
10年くらい前から宝くじを買うようになり、毎年1~2回くらいは購入します。買うときは地元の駅の近くの売り場で購入します。何年か前に億単位の高額当選者が出たという横断幕が貼られているのを見たので、宝くじを買うのはここにしようと決めました。
初めてその売り場で買ったときに数千円分当たりました。自分で宝くじを買い始めたころだったので、これはいけると思いました(笑)ロトくじも買ったことがありますが、こちらは全然当たりませんでした。このとき自分にはロトくじは合わない、宝くじに絞ろうと決めました。あれこれ買ってしまうと運を逃すような気がするからです。
金運をアップさせる手相を書いてから購入してみたこともあります。銀のペンで自分の手のひらに手相を書いて外出したらお店の人に声をかけられ、そのお店のくじをひいて商品券が当たったということがあったので、その運を宝くじにもと思いました。このときは全然当たらなかったです。この方法で得られる運は、たぶん商品券で使い切ってしまったのだと思います。
買った宝くじを、金運が上がる色の布に包んでしまっておくということもしました。その色が何色かは忘れてしまいましたが、布を引き出しの奥から引っ張り出して使ったことを覚えています。このときもけっきょくは当たらなかったです。古い布だから効果がなかったのかもしれないと思いました。
金運が上がる方角に買ったくじを置いてみたこともあります。我が家の場合、ちょうどその位置にお仏壇があったので、そこにお供え物と一緒に置きました。ご先祖さまに高額当選を祈ったのですが、このときも結果は出ませんでした。こういうときだけ手を合わせてもダメなのかもしれないと、日頃ご先祖さまのことをほとんど忘れていることを反省しました。
私自身はこのような感じなのですが、友達は東京の売り場で購入して万単位の金額を当てたりしているので、そろそろ購入場所を変えてみようかと思っています。

1枚1枚に魂を込めるんです。

たなかなかと申します。
宝くじはかれこれ10年位年末ジャンボ宝くじをバラで10枚購入しています。

宝くじを当てる努力としましては、まず1枚1枚に気持ちを込める買い方をしています。購入枚数は毎年10枚と少ないですが、(いっぱい買うお金がありません。)同じ場所で2枚は買いません。すべて10枚が違う場所で購入するようにしています。この購入方法は会社のパートさんがこういった購入方法をして今まででマイナスになっていないというからです。なので自分も3年前からまねしています。
ではどこで購入するかというと、1枚は地元のよく通る道の宝くじ売り場で購入します。その他の9枚に関しては発売中の期間で出かけたところにある売り場で1枚づつ購入していきます。その年に仕事の関係で遠方に出張に行けばそこで1枚購入しますし、通勤途中の降りる駅の売り場で購入したりします。その場で1枚に魂を込めて購入していくやり方をしています。
あとは宝くじ売り場の購入する順番を気にします。以前にテレビ番組で宝くじで億万長者になられた方をインタビューする番組があったのですがその中で億万長者の方が宝くじ売り場に人が並んでいたらその順番を非常に気にすると話していたのです。
どういったことを気にするかというと、例えばその日が5日だとすると前に3人並んでいたら1人並ぶまで待って、5人目として並んだりと語呂を非常に大切にするといったことだったのです。なので私も自分の誕生日の日にちに購入してみたり、並ぶ順番を調節したりして購入しています。
大まかにこの二つを実践して購入していますがあとは自分の直感に任せています。決してこの売り場から以前1億当たりましたとかは一切気にしません。その売り場の雰囲気やむしろあまり人が来なさそうな売り場をチョイスして購入しています。
それで10年ほど夢を追って購入を続けてきましたが、まあまったく当たりませんよね。たしかに10枚しかかっていないし分かるのですが最高で300円です。
今年も夢を追い続けたいと思っております。

沖縄のパワースポット巡りをしている

沖縄に住んでるのですが、沖縄本島によくあたる宝くじ屋さんがあり、その店舗で購入するのはもちろんですが、私はさらに工夫をしようと考えました。

考えた結果、沖縄のパワースポットに行ってから宝くじを購入する作戦に出ました。パワースポットとは、斎場御嶽という場所で、本当はそういう願掛けで使用する場所ではありませんが、試しに行ってみました。

さらに運気をアップしようと思い、沖縄の神社で願掛けをしました。その上で、沖縄本島の当たりやすい宝くじ屋さんでビンゴ5を購入しました。結果は、見事に外れました。

やはり、パワースポットというのは運気をあげるものというよりは、心身のバランスを整える場所であること、全ての物事に感謝する場所であることを痛感しました。

しかも、斎場御嶽は入場料がかかり、神社では御神籤を引いたので、その経費分はマイナスとなっています。

もっとパワースポット数を増やすべきだったか、神社巡りの数を増やすべきだったか、何が悪かったのかはわかりませんが、それらを回るガソリン代などを考えると当たったとしても、経費がかかるため、相当大きく当たってくれないとプラスにならないですね。ビンゴ5は一口200円で、最低でも200円以上を当てないといけないし、意外に宝くじって当選確率やコスト面を考えても難しいです。

毎年こんな風に購入して当たらないでいると、コストだけかけてマイナスになっていくんだろうなと危機感があります。
とはいえ買い続けないと当たりもしないので、掛け捨てと思って買っています。まさに、宝くじを買っている人は夢を買っているのだと思います。
私が考えたのは、宝くじは確率論で、当たるときは当たるし外れるときは外れる。パワースポットや神社巡りをすれば当たる訳ではないということです。
ほどほどに、捨ててもいいくらいの金額で宝くじを購入するのがいいです。冷静な判断で計画的に購入し、当たっても、冷静に税金のことも考えて管理することが必要です。
それでも夢があるのが宝くじだと思います。みなさんも、ご利用は計画的に。

白ヘビの初夢が見たい

名前はあきです。
社会人になってから宝くじを購入しはじめたので購入歴は10年ほどになります。宝くじはスプリング、サマー、オータムとありますが基本、年末ジャンボしか購入していません。
年末ジャンボではミニ、ジャンボを連番少なめで一等狙いを夢見てバラ多めに3~5万程を購入しています。
買う場所も3箇所位で分けて、毎年違う場所を選んで購入していますが横浜西口のチャンスセンターは高額当選者がよく出ると評判なので、大安吉日の日は30分以上並んでも、その場所だけは買い続けています。
宝くじの高額当選した人の情報を聞いて川辺近くのチャンスセンターが良いと聞けば川辺近くのチャンスセンターを探し購入したり、購入した宝くじを冷蔵庫に入れておくと良いと聞けば冷蔵庫に入れたりしましたが未だに効果はありません。
宝くじの保管場所を毎回、変えていますが一万円が一本、3000が数本当たっていた年は実家の仏壇に置いていたので先祖の力が少しあったのかと思います。
宝くじを買ったことを忘れて思い出して見てもらったら当たっていた!というのを聞いたことがあるので忘れる努力もしていますが煩悩に勝てず忘れさることができずにいます。
また年末ジャンボの抽選会や結果は見ないように心掛け翌年、結果を見るようにしています。
初夢で縁起が良いとされる富士
、鷹、ナス以外に白ヘビの夢を見るとお金が貯まると聞いたことがあるので初夢を見る前に白ヘビを頭の中でイメージしながら眠りにつきます。未だに白ヘビが現れることはありません。
今年の年末ジャンボは他力本願に当たりやすいイニシャルの人が近くにいるので、その人に購入してもらうつもりです。
そして仏壇に置いて初夢に白ヘビを見るイメージで寝て忘れた頃に宝くじを見てもらいにいこうかと思っています。
神社に行き神頼みしたことはないので今年、当たらなかったら検討していこうと考えています。
いつか高額当選者になれますように。

くじは人が良く並んでいる、元気の良い開運おばさんから買っています

はじめまして、常日頃から宝くじを当てたいと強く願っている小春と申します。
宝くじを買い始めて、10年ほど経ちます。
私が宝くじをあてるためにしている私の努力の一つは、
「よく当たりくじがでる売り場」でくじを購入していることだと思います。
昨年の宝くじも、「?等が??人」と大きく宣伝していた、
市内の県庁の裏にある売り場で買いました。
宝くじ売り場には売り場窓口が何個かあるのですが、いつもある窓口にばかり、人だかりができています。
窓口にも、「当たる」窓口と、「当たらない」窓口があるのだと思います。
行列が並んでいる窓口は、とても元気の良い声のおばさんがいつも「当たりますように!」という願掛けを大きな声でしています。
きっとそのおばさんは開運のおばさんなのだと思います。
そのほかの窓口のおばさんは黙々と作業をしている様子で、「当たりますように!」という願掛けをしてくれている様子はありません。
私は、元気の良い声のおばさんのところでくじを買うことは、絶対に開運につながると思っています。
残念ながら、まだその努力の成果は出ていませんが、とても気持ち良く、嬉しい気持ちになる窓口で買うことは大事だと思います。
そのほかの努力は、とても微々たることではありますが、
きちんとマナーを守って、日々を過ごすことではないかと思います。
一つ一つの善を積み重ねて、なるべく運がつくように、毎日を過ごして、年末やここぞという時にその貯めた良い運勢を発揮できるようにすることが、
私のしているもう一つの努力です。
そして開運のものを身につけることも、その努力の中に入っています。
10年くらい前から、クリスタルのブレスレットを肌身離さずつけていることや、金運がアップする色の財布を使うなど、
なるべく明るい色の服を着たりすることが、開運のために努力していることです。
残念ながら、まだその努力は報われていませんが、いつか、きっと宝くじがあたると信じて、今年も売り場や窓口、マナーを守って、開運グッズを身に付け、宝くじを買いに行こうと思います。

自分の運気を高めています

 宝くじで少しでも良い金額を当てるために、普段から神仏にお参りを欠かしません。どこの宝くじ売り場で買うなどは関係ありません。自分がツイているかどうか、ソレだけだと思います。
 具体的には、自分の今日の最良方位を調べ、その方位の神社に参拝にいくといった感じです。神社内には最低2時間は滞在するほうがよりパワーを得られるようですが、神社内のみで過ごすのは大変だと思うので私はそこまでしていませんが。
 また、吉方位に6時間は滞在するとより良い運気を得られるそうです。神社内で滞在が難しいときは、私は近くのお店でのんびり過ごしていることが多いです。
 吉方位の調べ方ですが、私はiPhoneアプリやインターネットサイトで調べています。自分の生年月日や住所を入力すると吉方位が表示されるため、重宝しております。
 注意点としては、東西南北の定義が地図の上で定規を当てるのではなく独特の法則で書かれているので、サイトをしっかり確認したほうが良いと思います。
 また、方位の変わり目の線の上(南から南西に変わるラインの上など)は方位のパワーを得にくく、出来るだけ方位のど真ん中の場所に移動することが大切です。
 オカルト的な話になりましたが、私はこれで過去にトラブルを間一髪で回避したり、物事がスムーズに進んだり、気力が充実したりとよい効果が得られたと感じています。
 宝くじに大当たりしたことはありませんが、最低でも購入金額くらいは当たります。近所のふくびきで掃除機を当てたこともあります。それくらい方位の力はすごいです。
 買い方について、先程売り場は関係ないと書きましたが、買う際は出来るだけ自分で宝くじ券を選択できる方式のほうが当たりやすいと思います。
 選ぶ際にはあまり頭で考えず、気持ちを落ち着かせて対象を見たほうが良いです。選ぶ宝くじ券を上から触れる場合は、軽く触ったほうが良いです。その際に何か力というか、惹かれるものを感じたらそれを選んでください。大外れにはならないと思います。
 以上が私の体験談を交えた宝くじの買い方です。

【販売枚数は少なそうだけど・・・当たりの出てる!人目につかないチャンスセンターを狙ってみた。】

ペンネーム【買わなきゃ当たらないのは分かるのだけど、買ってもなかなか当たらない】です。宝くじ購入歴は、初めて就職した年から数えて26年くらいです。年末ジャンボは毎年買っています、一時期ロト6に毎週はまったり。高確率狙いで、発売枚数の少ない東京都宝くじを買ってみたり。スクラッチくじにハマったこともありました。いまだ夢と現実を彷徨っています。
色々な宝くじを試してみてますが、悲しいことに3,000円以上の当たりくじを引いたことはありません。銀座のチャンスセンターも行きました。結果、ダメでした。。。そんなこんなで、10年くらい前から地元の駅近くのチャンスセンターで買うようになり。連番で10枚買えば1枚は必ず当たる300円とか200円の当たり券を握りしめる日々でした。
そんなある日、現在から2年前の年末ジャンボ(宝くじを買い始めて24年。)川口のショッピングセンター内でたまたま、存在感の無いチャンスセンターを見つけたのです。(数年通っていたのに見つけたときは驚きました。こんなところにチャンスセンターがあったのかい!)
そのチャンスセンターは、在感が無いなりにも「○等当選でました!」といくつか掲示されていて。大量にさばくチャンスセンターより絶対少量しかさばいてないであろうチャンスセンターで宝くじを買った方が当たる確率も上がるのでは???と心に矢が刺さり、その年の年末ジャンボはその川口のチャンスセンターで買いました。
結果。。。出たーっ!!人生初の6等の3,000円! 私は嬉しかったです。
宝くじは本当に運だと思います。でも、確率をあげる方法も沢山あると思います。大きなチャンスセンターでなかなか当たらない方、小さいけど実績あるチャンスセンターで購入してみるのも良いかもしれませんね。何を選ぶのも全て運ですが。
ちなみに実は私は、一度の購入枚数は10枚と決めてます!26年間で自己最高金額3,000円なのは、これが原因かもしれませんね。(汗)

やっぱり,神頼みです

50代後半,会社員の男性です。宝くじは,何をさておいても購入しないと当たりません。そこで,一攫千金の夢を追い求めて,40代頃から家族ぐるみで,宝くじを購入するようになりました。
最初の頃は連番で10枚+バラで10枚のセットで購入していました。しかし,本当にでっかくは当たらないものです。数千円すらも当たりません。そんなこんなでいつからか,バラで5枚しか購入しないようになりました。それでも,バラ5枚で最高金額1万円を当てました。20枚購入していた時ですらなかったことでした。
もちろん,もっと高額を当てたいと願い,今でもこのバラ5枚を購入し続けています。購入した宝くじに願を掛けているのですが,いつもやっているやり方を3点ほど紹介します。
まず第1に,購入する日は大安を選びます。販売期間には幅がありますので,少しでも当選に近づけるのではないかと信じ,日を選びます。大安以外に購入したことは,一度もありません。
第2に,購入してきた宝くじはすぐに神棚に祭ります。そして,家族全員で(一緒ではありませんが)しっかりと拝みます。この儀式も一度始めてしまったものですから,止めるわけにはいかなくなってしまったのが実情です。神様からの何かしらの御利益がないかなぁ,と期待を込めて拝みます。
最後の3点目ですが,これは最近始めたことです。それは,神棚に祭っておいた宝くじを1枚1枚取り出して,満月の光に照らすことです。そうすると,とっても運気が上がるのだそうです。満月になる日を確認しておき,夜の8~9時頃に東の空に昇ってくるお月様の光を宝くじ1枚1枚にしっかり当てます。全く陰りのない満月を見ているだけで,本当に当たりそうな気がしてきます。光を受けた宝くじも,きれいに輝きます。
以上の3点ですが,大変そうに感じられるかもしれませんが,習慣化しますとそうでもありません。ほんのちょっとの時間の儀式で終わります。だからかもしれませんが,まだまだビックリ仰天できる結果は出ていません。
しかし,いつの日かは幸運が舞い込んでくるのではないかという夢をもちながら,宝くじを購入し儀式を続けていきます。

高額当選者続出のお店で買い、黄色の布で包み開運アップを狙っています

はじめまして、のこのこといいます。宝くじ購入歴はかれこれ15年以上、毎回3万円分(100枚)購入しています。
そんな私のいつもやっている開運方法なのですが、2つあります。
1つは「高額当選者の多い売り場で継続して購入する」ことです。これはもう王道ですよね。
都会の方になるとそういう売り場も沢山あると思うのですが、私は少し田舎に住んでいますので近場にそんな売り場はありません。評判の良い宝くじ売り場は電車で片道約50分かかる地方都市にやっとあるレベルです。そこへ宝くじシーズンになると毎回通っています。同じ売り場でも〇番売り場が1番当たり確率が高いって情報があるので勿論そこにも拘って行列が出来ていても並んで購入します。せっかく電車でここまで来たので妥協しません。
これを周りの友人や知り合いに話すと、「交通費もったいない」「よくそこまで出来るよね」って言われますが、逆に考えると地元では出来ない用事(地方都市にしかないお店に行くとか)は出来る限り宝くじシーズンに併せておく習慣が出来るのでそうなると特に負担には感じないので楽です。苦痛どころか「宝くじ買ったらあそこで食事して買い物して~」って出来るのでむしろ楽しみが増える感覚です。
もう1つの方法なのですが、そうして購入した宝くじを黄色の布に包んで家の神棚に置いておくことです。
この方法は昔漫画で「とある大学の宝くじ研究サークルがやっていた」方法だと読んだことがきっかけで知りました。
知った当初は正直あんまり信じてなくて「眉唾物だな」と思っていたのですが、黄色は金運を上げる色として知られているし、いるのは黄色の布1枚だけで特に損もないかなと軽い気持ちで今まで続けています。
ここで、少しコツなのですが黄色の布は宝くじを包む前に必ず洗濯とアイロンをしてしわのない綺麗な状態にしておきます。
そして当選番号発表の日に開封するまで埃がかぶらないように綺麗にしておきます。
私が主に行っている開運はこの2つです。
結果効果がどうだったのかなのですが、まだ高額とまではいかないけれど10万円当選は出来ました!
当選したお金は使い道を考える前に家族で分け合ってあっという間になくなりました。
宝くじ生活始まってからずっとこの習慣を続けているので当選するとやはり嬉しくてモチベーションも上がります。
これからは、さらなる高額当選を目指して頑張って継続していきたいと思います。