売り場選びが重要だと私は思います。

さんじと言います。
宝くじ暦は30年近くになります。
年末ジャンボのときだけ人生を賭けて100枚から、多いときは200枚ほど買いますが、
それ以外の宝くじは多くても30枚程度です。

私の実践している方法は、ベタかもしれませんが、売り場ですよね。
1等が良く出る売り場というのが、県内に1箇所ありまして、
その売り場で買うべく、車で3時間かけて買いに行っていました。
いくつもある窓口のうち、1等が出る窓口も決まっていて、
そこだけ行列になっているんですよね。
もちろん、私もそこに並びました。
他の窓口なら並ばなくて良いのに、1時間も並んで買うんです。
せっかく行くなら、やはり確率が少しでも高い買い方で買いたいですもんね。

よくよく考えてみると、みんなその窓口に並ぶわけで、
売れる枚数もその窓口が桁違いで多いわけですから、
必然的にその窓口からあたりが出る確率も高くなるというだけの話なんですけどね。
でもまぁ、そういうのも含めて「夢」ですからね。
お祭り気分で、並ぶことも楽しんでます。

もう10年以上前ですが、残念なことにその売り場がなくなってしまいまして、
それからというものは、年末ジャンボのときだけ、
かの有名な「西銀座チャンスセンター」に行くようになりました。
高速バスに揺られること5時間です。
なぜそこまでして行くのか。
もうロマン以外のなにものでもないですよね。

毎回、確実に数本は1等が出ているのですから、
それに乗らない理由はないですよ。
距離なんて数億円に比べたらちっぽけなものです。
夢だなんだと言いながらも、ただ単に欲に駆られてるだけなんですが、
それが「宝くじ」というものですからね。

今のところ、私のそういう努力は実を結んでいません。
当選金の最高額は5万円が1回だけです。
購入金額と当選金の差額が、どれほあるのか。
計算したことはないのでわかりませんが、
30年で、おそらくちょっとした新車1台分くらいにはなってそうです。

それでも、1回大きいのが当たれば取り返せますからね。
買ってから抽選までの間に、いろいろと想像できるのも買った人だけの特権ですし。
そういうのも含めて、楽しめていると思いますね。
これからも買い続けると思います。

大掃除、お花を飾ったらその日に5万円がてにはいった!

 残業の多い会社で会社員をしている私ですが、一人暮らしをしているため、いつも部屋は寝るだけの荒れ放題で決してきれいという部屋ではありませんでした。
 時々仕事帰りにスクラッチくじを買っては2000円分購入して手元に戻ってくるのは1割程度、毎回運試し、ほぼダメもとのつもりで宝くじを購入していました。

 そんなある日、大学の友人が東京に出張が入ったため私の家に遊びに来ることになりました。慌てて部屋を掃除し、靴が出しっぱなしの玄関もきれいに片付け、商店街の花屋で目についた元気な黄色の花束をテーブルに飾りました。普段はきれいなお花を見ても通り過ぎるだけでしたがその日はなぜか黄色の小さな花束がとても気になり、家に持って帰りたくなったのです。

 友達との待ち合わせまで時間があったので、最寄り駅にある宝くじ売り場でいつもと同じく、スクラッチくくじを購入し、カフェで確認してみるとなんと50000円が当たっていたのです!
 これは間違いなく、その日にやった掃除とお花の効果だと確信しました。それ以外は普段の生活通りに過ごしていたからです。
 黄色の花束を買ったのも金運アップカラーの「黄」ということでよかったのかもしれません。
 早速、宝くじ売り場で換金、現金をもらうと、友達との食事代、翌日に奮発して購入したドライヤーでほぼ使い切ってしまいました。

 それからというもの、宝くじを買う前には家の中を片付けること、片付けができないときはせめて部屋の喚起をしてから購入するようにしてみると、当選確率が少し上がってきた気がするのです。
 風水的なものはあまり信用していませんでしたが、実際に宝くじが当たったという事実で今までよりは信じるようになり、お掃除、部屋のインテリアのを置く際にも風水を気にしながら生活するようになってきました。
 何百万円という高額当選ではありませんでしたが、私にとっては生活習慣を見直すいいきっかけにもなりましたし、ぜひ宝くじを購入する際には家の掃除、身の回りの整理、金運アップの「黄」を意識してから購入されることをお勧めします。

宝くじの高額当選した売り場より寂れた宝くじ売り場とかたまらなくそこで買いたくなる

AIK 男性です。
宝くじはジャンボ系だけですが約30年買い続けていますが、高額当選は有りません。
当たって5000円程度です。
良く高額当選の出た売り場的な看板を目にしますが、私はその高額当選が出た場所よりそういう看板の無い場所で買います。

※過去に宝くじで高額当選した売り場は宝くじ当選売り場.comを参照してください。

スーパーの入り口付近にある寂れた宝くじ売り場とかたまらなくそこで買いたくなります。
また、連番を買わないと、一等だけでは無く前後賞も含めて何億の話だからと最初の数年は連番を必ず買っていましたが、ハズレが一瞬でわかってしまうので、番号を追う楽しみが無くつまらなくなり、バラで買うようになりました。
人気の場所だと、バラも、連番もあらかじめ10枚ずつぐらい袋詰めされているものを渡されてしまうので、売り場には迷惑でしょうが、3枚とかこわけで数カ所で買います。
当たる確率は変わらないとおもうのです。
当選が多く出る銀座とか、売れてる枚数も半端ない枚数が売れているからであって、その売り場がすごく当たるわけではないとおもうのです。
逆に寂れた売り場から私が当てたら更に凄くないですか?
そんな夢め当たる夢と同時に勝っている気がします。
以前は、買った宝くじは絶対見ずに袋そのままでタンスの1番上の右隅に必ずしまい、当選発表の次の日に必ず見てました。
誰かから聞いた当選の法則だったと思いますが、まやかしでした。
思い込みはすごい力を生みますが、運には聞かないようです。
楽しみながら当たる事を願うような買い方に変わってしまいました。
少し前に良く深夜の番組とかで芸能人が番組で100万分買って当選を確かめるような番組が連発した時があり、あれから冷めてしまった感じです。
どの番組も高額当選はしなかったわけてますからね。
運は自分の運ですから、また買い続なければ当たらないのが真実です。買った人の誰かしらは当たるのですから
そう考えると自分で当選番号を決めるロト系をする人は凄いですよね、その数字が出ない確率もあるんですから。
なので、ジャンボのような、決められた範囲で当選が出る宝くじしか買いません。
それが私の必勝法です

高額当選者への道について考える

ペンネーム 十万石
お金に余裕がなく宝くじ高額当選を常に夢見ています。

宝くじ購入歴 5年
年に5回ほど購入

宝くじで当てるために行っている努力は、日頃の行いをよくするということです。
人に親切にしたりすると、感謝されるので高額当選というご褒美をもらえるような気がします。

買ってもどうせ当たらないからという考えもしないようにしています。

10キロぐらい離れたショッピングセンターにある宝くじ売り場は、よく当たると有名です。
過去に高額当選した人がたくさんいます。
いい天気で大安の日に買いに行きます。

でも、憧れの高額当選者は、大安吉日などにこだわらないという人も多いので、関係ないかもしれません。

10枚連番で買うという人が多いと思いますが、本気で億万長者になるためには、30枚買うのが良いそうです。
買い始めてすぐに大金持ちになるという人は少ないです。
10年ほど買い続けてやっと高額当選するという人が多いです。

1年に一度だけ勝負をかけるというのもいいかもしれませんが、何度も挑戦したほうが当選できる近道だと思います。
何度も買うことによって、当選のコツをつかめるようになります。

買った宝くじを保管する場所は、部屋の上のほうが良いです。
その理由は、床に置くと運気が下がると思うからです。
本棚など、高くて人目につかない場所に保管しています。
湿気の多い場所に置くと、お金が寄り付かないので注意しなくてはなりません。

久しぶりに買ったチョコボールにエンゼルマークがあったなど、プチラッキーなことがあった日など、今日はついてるなあというときに宝くじを買うと当選する気がします。

数字選択式の宝くじを買うときには、活躍している人にまつわる数字を選ぶとよいです。
宝くじをよく当てるという人から聞いたことがある話です。

朝のワイドショーなどで、よく当たる宝くじ売り場が紹介されることがあります。

近所の宝くじ売り場で何度購入しても当たらないなあというときには、交通費を惜しまず買いに行くというのも高額当選への道なような気がしています。

とにかく、買わなくては当たらないので、諦めずケチらず頑張ろうと思います。

宝くじで当選するためにやっていること

ナンバーズなどと違って宝くじは、完全に運なので、運を上げる努力をしています。まず、神頼みが一番なので、氏神様に挨拶にいっています。

いついつの何の宝くじを買うので、4等当たるようにお願いします。というように、具体的にお願いをしています。その時に、自分の名前と住所も言って、神様にきちんと伝えることをしていきます。やはり、宝くじは、運なので、神様にお願いするのが一番です。

他には、山梨県 新屋山神社をはじめ、宝くじに関する神社があるので、直接お願いをしにいきます。宝くじ専門なので、そこにお参りに行っている人は、沢山、宝くじに当選しているみたいなので、自分も必ず行きます。旅行費がかかってしまいますが、観光をしながらついでに行くならいいかなと思います。

これまで、神頼みで、100万円までなら当選したことがあります。なので、神様に具体的に何を当選したいということは、言った方がいいかと思います。

そして、他に利用しているのが、占い師の言うことを利用するという方法です。西洋占星術や八卦などを使って、どの宝くじ売り場で、いつ買いにいったらいいかなどを教えてもらいます。よく当たるという占い師の人に聞いて、買うのが必要かと思います。

西洋占星術だと、カードが大アルカナとかが出ていれば、今、動いた方がいいか、少し待った方がいいかなどが分かるようになります。そのカードを見て、どれくらいの規模の当選があるかもわかるようになっています。

占い師によく言われるのは、当たることをイメージするだけでなく、入ってきたお金を何に使うのか、流れる先をしっかり定めなさいと言われます。しっかり、お金の流れが出来ていないと入ってくるものも入ってこないとのことでした。

ですから、宝くじを買う前に、宝くじに当たったら何に使うかを良く考えて、紙に書いておくことにしています。

それから、他にやっていることといったら、宝くじを入れておく幸福の袋というものも利用しています。

宝くじ購入は止められない

じゅんちゃんです、自分は宝くじを買い始めてはや50年です。主にナンバーズ4を購入しています。普通のジャンボ宝くじは年に数回気が向いたときに購入しています。

まずは購入場所ですが車で10分ぐらいのホームセンター前の宝くじ売り場で購入しています、3年ぐらい前ですがナンバーズのセットストレートで80万円当たりましてそれから購入するのはそこと決めています。

ナンバーズは最近の出る番号を調査して出やすい番号を続
けて買うようにしています。数字が二つ並んだぞろ目が割と多いのでぞろ目買いを最近では続けています。そうしたら続けてどの番号順でもよいボックスで当たりました。数万円ですが気持ちが非常にいいです、精神的にも気持ちがいいもんですね。

最近では楽天銀行などのネットバンクでも発売をされてるので時々利用しています、どちらかと言えばナンバーズよりより高額なロト6などを購入しています、以前ナンバーズ4でボックスが1回当たり口座に当選金が振り込まれていました。メールサービスがあるのでいちいち調べなくてもいいので非常に便利でした。

年に数回ジャンボ宝くじは宝くじ売り場に直接買いに行くのとネットバンクで購入するのと一緒にしています。購入する枚数は1回につき10枚で決めています。ジャンボは連番でなくバラ連番で購入しています。当選金額は少ないのですがより多く楽しめるので決めています。前回の年末ジャンボでは10万円当選をしました。妻に見つかり半分取られました。嬉しいことは顔に出るそうですぐに見破られました。

宝くじ当選のために特別なことはしていませんが、購入する場所とナンバーズでは購入する番号を宝くじ売り場で購入するときはコンピュータ選び、ネットバンクでは自分の好きな番号を選んで購入しています。

宝くじのいいところは抽選をするまで夢を見られることです、今度はどこへ旅行に行こうとか何を購入しようかとか考えることが出来ます、当分止められそうにありません。

宝くじロト7で億万長者!

はじめまして。hkuwat72と申します。

私は現在30歳で、20歳ぐらいの時から「ほしいな~」と思った時に、スクラッチやロト3など当選確率が高く、当選金額が低い物買っておりました。
そして、25歳の頃から本格的に宝くじを買うようになり5年になります。現在は、ロト7を毎週10口3000円購入し、1ヶ月約12000円ほど購入しております。
今回は宝くじを当てる為に私が行っていることをご紹介します。

1.宝くじは高額当選者がコンスタントに出ている店舗で買う。

宝くじは一等となれば、くじの種類にもよりますが、億万長者になれる夢の詰まったくじです。となれば高額当選者が多く出ている店舗で買う方が高額当選確率はあがります。
しかし、ロト系のくじは自分自身で数字を決めるか、コンピュータで決めるどちらかになります。そこで、それならどこの店舗で買っても同じでは!?と感じた方もいらっしゃると思います。それは違います!!ここでは、高額当選者が多く出ている店舗で買うというげんをかつぐのです。このことは非常に重要です。

2.ロト7で当選番号のデータを毎回とる。

ロト7は1~37の番号を7個選びその当選番号がいくつ当たっているかて、何等か決まるという流れです。ですので毎回、当選番号のデータを取ることは大切です。そうすれば、どの数字がよく出ているか!?どの週にこの数字がよくでている!など数字の統計がとれてきます。それを元に数字を決めるのです。これで、数字の的中率を上げれると思います。

3.マンホールの上でマークをする。
これは◯◯こ=運の上でマークするということげんかつぎです。少し汚くて申し訳ございません。ですがこれは私がロト7で3等と4等を1度ずつ当てた時の両方に当てはまります。試してみては!?

こちらが私が行っている宝くじをあてる為にやっている事です。これでもし、億万長者になれたら、儲けものだと思います。しかし、買わないと当たりませんし、買うなら1%でも確率を上げて買うべきだと私は思います。少しでも参考になれば幸いです。

学生の私が実践する宝くじ法

私は某地方に住む大学生です。高校生の頃から年末の宝くじを買っていたので、宝くじ歴は4年です。
学生なので億万長者が出やすい遠くのお店に行くことはできません。しかし、家の近くに縁結びで有名な神社があるので、そこでお参りを済ませてから買うようにしています。なぜ縁結びの神社を選んだのかと言えば、宝くじ、億万長者との「縁(円)」があればと考えたからです。
あとは部屋の掃除を済ませてから買うようにしていますが、あまりに綺麗すぎると窮屈かなあと思い、普段から綺麗にするように心がけて(特に9月に入ったころからは毎日ちょこちょこ掃除をします)普段通りの生活を送っています。
年末の宝くじを買う日は特に決めていませんが、日常生活のついで買いをすることが多いです。例えば、スーパーで夕食の食材を買ったついでであったり、少し遠出をして思い出にのついでだったり。あくまでも日常生活の中で引き当てたいので、わざわざ宝くじのお迎えに行くようなことはしないようにしています。
買う枚数は1回に10枚であったり、2枚ほどであったりまちまちです。その時の気分で買うようにしています。なに分お金がないので一度に100枚くらい大量に買ったりはできません。なにか嬉しいことがあったときに少し多めに買うという行為を年末まで数回続けます。
買った宝くじは手帳に挟んでいます。手帳はその年の思い出や記録が全て書かれていますし、1日でスマホの次に触れることの多いものです。宝くじ様も手帳の中身を見ていい運が逃げないでくれれば良いなという淡い期待もあります。
発表は新聞でチェックするようにしています。とにかく日常生活のリズムを崩さないように、当日はドキドキする気持ちもありますが、抑えて朝ごはん時に見るようにしています。その時の宝くじはいつも優しく握るようにしています。
今のところは毎回落選続きなのですが、落選をした後も、今回はありがとう、また次回もよろしくねと声に出して言うようにしています。そして紙切れになった宝くじは思い出の品として引き出しにクリップをしてから仕舞うようにしています。

宝くじを購入しに行く際は毎回赤色の服を着ていきます。

はじめまして。
youshin753と申します。
会社員をしております。
宝くじは学生時代から買い続けていて、詳しくは覚えていませんが7年は買い続けていると思います。
少なくとも7年間、毎年買っていて、年にも多少寄るのですが、少なくとも100枚は買っていると思います。
費用は少なくないですが、宝くじには夢がありますからね。
しかし7年間買い続けて当たった最高額は5万円……
正直全然当たりませんね。私は普段何かにおまじないを頼んだり、占いを信じてあてにしたりすることってないのですが、宝くじには関しては例外です。
藁にも縋る気持ちというよりかは宝くじを楽しむための儀式というか、自分なりの工夫を入れることによって宝くじ購入自体を趣味の一つにしている感じです。
さて、そんな私の宝くじの買い方ですが…
まず、買う場所は毎回変えます。最近の宝くじで高額当選が出たところで買います。流れってあると思うので。
それから、買う枚数ですが、一度に購入する枚数は必ず30枚。
一万円で事足りる枚数で買います。
バラが一つ、あと二つは組で合わせて買います。特に理由はないですがなんとなくバラを一つ組み込むことによって当たりやすくなる気がするからです。
5万円当たった日(3年前)には、いつも着ない赤色の服を着ていました。普段は赤色の服って殆ど着ないのですが、その日に限ってなぜか着ていきたい気分になったのです。それから私の中で赤色の服は験担ぎの色で、宝くじを購入しに行く際は毎回赤色の服を着ていきます。
あとはここ1年での話ですが、宝くじを購入する日付にもこだわるようになりました。大安だったり色々日によって違いますよね。なにかの行事ごとはそういうものに合わせていることを思い出してから、宝くじにも適用してみることにしてみました。インターネットサイトを参考にさていて、「吉象くんの開運アップブログ」というサイトを使っています。このサイトを参考にしてから3万円が当たったので、これからは験担ぎの主戦力としていくつもりです。

初詣時に購入した金運アップのお守りと一緒に日当たりのよいリビングに

当方現在海外在住なので日本の宝くじは買っておりませんが、日本にいたころは毎年年末ジャンボだけは買っておりました。
当たらないとはわかっているつもりではありますが(笑)、買わないことには夢すら見れない!ということで毎年3万円分を購入していました。

買う場所は東京の有楽町駅出てすぐの購買所で買っていました。そこは(今現在はわかりませんが)高額当選者がよく出るらしく、今まで3億円が何人ここから当選!というような垂れ幕がありました。そして実際にそこで買い求める客が多く、ジャンボ発売開始時からしばらくの間は常に長蛇の列をつくっていました。
そこで並びながら他の人たちの顔を見て、この人は当たったらどうすんのかなーと邪推するのも楽しかった記憶があります。

さて実際に買った後は自分のお気に入りの長財布(長財布に保管するといいとどこかで読んだ記憶があります)に折り目を付けずに保管。場所は普通に簡易金庫内に保管しておりました。3日に一遍は取り出し適当な願掛け(笑)をしてまた金庫内に戻すということをしておりました。また年始の初詣には必ず持参し、そのうえで困った時の神頼みをしていました。その後は金庫に保管はせず初詣時に購入した金運アップのお守りと一緒に日当たりのよいリビングに置いておきました。
この一連の流れは毎年の恒例行事のようなもので、スタイル自体は毎年ほとんど変わっておりません。居間に保管後はよく当たったらどうするか、などということを考えていました。この時間が一番楽しいですね(笑)

結果のほうを申し上げますと、ほぼ全滅です!2回10万円当選というのがありましたがほかの年は購入金額にも及ばないという結果です。確率で考えれば10万円2回でも十分当たった気はします。毎年いい夢見させていただきました、と外れくじに対して感謝をするというとこまでが私の一連の流れです(笑)

当選金で毎年家族と外でご飯を食べに行きます。10万円当たった年はかなりいいレストランを予約して、ほぼ使い切りました。

こういう行事ができるのも買ったからこそであり、また日本に帰国したら買うつもりです。やはりあのわくわく感はとてもいいですよね。